あたまはパー おなかはグー 

20代のときになった潰瘍性大腸炎と脳梗塞のことがメインです

20代のときになった潰瘍性大腸炎と脳梗塞のことがメインになってます。マンガも挑戦中です。

守護霊さんっていると思いますか?

数えられる回数でしか、この話をしたことはないんですか、けちょんけちょんに言わました。 そんな話です。

 

『不思議な出来事』 

失神したあと

おばあちゃんが

おとうさんが仏壇に

 

このとき、失神して、輸血もして、疲れていたから、ウトウト寝てしまって、目を覚ますと、おばあちゃんがカラーでいた!ウトウトだから、目を開けたり閉じたりで、でも、まだおばあちゃんがいるんですね。とても温かい気持ちになりました。

 

母曰く、このあと、私はすごく元気になった、とのこと。

確かに、この頃、病状がもう全然良くならないから、「どうにでもなれ!」くらい思っていました。 だけど、これをきっかけにもう少し頑張ろうって、医師にも自分の気持ちを訴えるようになりました。手術の流れに反対できました。

 

父は母子家庭で育ったから、おばあちゃんとつながりは強いのかもしれません。仏壇の前で声も出して、お願いしてたみたいです。

 

最近、「死んでもおばあちゃんに会えるなら、怖くないなー」なんて話を夫にしたら、「そんなの会えるか、わかんないだろ!」と当たり前なことを言われてしまいました(笑)でも、そんな風についつい思ってしまいます。