脳と腸がくらってしまって

20代のときになった潰瘍性大腸炎と脳梗塞のことがメインです

20代のときになった潰瘍性大腸炎と脳梗塞のことがメインになってます。マンガも挑戦中です。

【脳梗塞】後遺症を自覚した出来事

今回も、前回の続きで、まだICUで母がお見舞いで来てくれたときの出来事です。

 

『自覚』

1はじめ

2急いでメール

快気祝い

3 ドキドキの返信

5失敗

 

*あとがき*

 

今回書くのに、倒れた当初の頃のことを久しぶりに考えてると思うのは、

 

「何を焦ってるんだよ!」

 

と、恥ずかしくなります。自分に起きたことも症状も客観的に見えてないんですよね。自分なりには考えているんだけど、周りが見えてないから、気持ちで動いてしまってました。

焦って失敗。いや、大失敗。ただ…、やらかす失敗ポイントは倒れる前とあまり変わってなかった(笑)程度は違いますが。主治医にも、性格は変わらないよ、と言われました(笑)

メールを送るのは、声を出さずに入力するから、間違いに気づきづらかったんです。

話せないことは、声を出そうとして、「あれ話せないぞ、変だぞ」って気づけるんです。でも、メールを書いたときは声を出したりしないので、でたらめなのに気づけなかったです。読み返して腰抜かしましたけれど。

 

一応説明しておくと、ここで書いた、 彼からのメールが

「つぶやきシロー?」

だったのは、このときでも古いって思ったのは覚えてます(笑)。でも、よくスルーしないで返信してくれたって思っています。

ひらがなだけで、意味不明な文章が届いたら、やべえ人ですよ。

この後、日をまたいでから、母にメールをチェックしてもらって送りました。

 

いまは、文章を書くときは、まず書いて、時間を置いて、自分で読み返して直したりしてます。書いていた内容はあまり覚えていられないので、ある意味新鮮に読み返せます(笑)間違いがアホ過ぎることもあるので、このブログも、変な言い回しとか誤字脱字もないように気を付けていますが、あったら、すみません!!!