脳と腸がくらってしまって

20代のときになった潰瘍性大腸炎と脳梗塞のことがメインです

移転して、リニューアルしました

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

脳と腸がくらってしまって

【脳梗塞】初めて主治医に会って説明を受けたときのはなし①

家で倒れてから救急車で運ばれてすぐに入院となったのですが、意識がなかったし、そのあとICUで2泊したときも眠ったままだったので、倒れてから3日後、麻酔が覚めて回診のときにやっと主治医と話ができました。

そのときの話です。

 

『レベル』

側頭葉

質問その1

質問その2

脳梗塞後遺症 質問3

 

*あとがき*

 上のマンガとかぶりますが、主治医から、

「これなにかな?」

と、ジェスチャーでメガネを指して、物の名前を聞かれたとき、

 

「なにをふざけたこと聞いてくるのよ?」

 

って、本当に思ってたんです。なんかおかしなことを聞いてきたぞ、と。

だけど、「メガネ」という言葉は思い出せなかった。なにか他の言葉と繋げて思い出したくても、「メガネ」のどれか1文字すら浮かびませんでした。

頭が真っ白、心はぽっかりと穴が空いた感じでした。

 

「オイオーイ」

 

って自分の気持ちでは突っ込むけれど、会話中に突っ込む言葉もごまかす言葉も実際には話せなくて、沈黙。そして、母は落胆してました。顔面蒼白ですよ。母は私の後遺症が、こんなにひどいのか、って現実を突き詰められたんでしょうね。

 

不思議なんですけど、言葉は全然出てこないけど、

「物の名前を聞かれるなかで、メガネを問うのはとてもイージー問題」であることは、理解してたんです。ちゃんと反射的にわかる。

会話をするには、言葉を交わすわけですけど、そういう解釈っていうんでしょうか、全体として含む会話のニュアンスみたいなものは、脳では、物の名前とは別のグループに別れて働いているんでしょうね。

でも、すごくバランスが悪いんです。

下手な例えしかできないんですけど、足が捻挫してももう片方の足は無事でよかった、みたいな感じに似てる気がします。捻挫だったら、

足が腫れてるけどゆっくりなんとか歩ける。どの程度、不自由してて困っているかを本人も周りの人も見えるから、ある程度想像できる。

だけど、言葉になってくると、目で見えないから、まず本人がどの程度の傷かを把握できてなくて、無事なところがどの程度なのも把握できてませんでした。

うまく説明できれば、自分も周りの人も楽なんでしょうけど、そもそも言葉が不自由になっているからー!!(笑)

 

そういえば、回診のとき、ほぼ毎回聞かれたのが、手のしびれと、グーパーできるかどうか、ということでした。脳梗塞の前触れに、手のしびれや、ろれつが回らない、ということが書いてありますが、私はそういう症状はありませんでした。

 

私の前触れは、発症する数日前に、違和感があり、メガネが合わなくて辛いなー、なんて思っていました。そして、前日はメガネをかけていなくても目の奥が痛くなってたから、原因はメガネじゃない、って気づきました。気づくのが遅い!でも、気付いてても脳外科には行けなかったかなぁ、って思います。だから、ここは後悔してないです。目を開けてるのが辛くて横になって休んでました。

 

気持ちとしては、ちょうど潰瘍性大腸炎の療養をしてたから、

「また、痛いところができたよー。まったく困ったなぁ」

くらいで、呑気なものでした。

人生を左右する前は、こんなものなんですかね(笑)